飛び石によるフロントガラスのヒビ修理にはガラスリペア

ガラスリペアって何

フロントガラスにできた飛び石などによるヒビ割れを専用の器具で丁寧に修理していきます。

ガラスリペアとは、主に自動車のフロントガラスに使用される合わせガラスの修復法です。 ヒビの入ったままでは車検に適合することが難しいため、フロントガラスの交換が必要な場合があります。ガラスリペアは飛び石などで出来たヒビの部分に特殊樹脂液を注入し硬化させることにより、外観上の修復とヒビの進行を防ぐことが出来る手法です。 この手法でリペアすることにより、通常10万円以上もするフロントガラスの交換を回避することが出来、車検にも適合することができます(※1)。特に近年普及しつつある自動ブレーキ搭載車輌の場合再セッティングに高額な費用が掛かることもあり、できるだけガラス交換は避けたいものです(※2)。また乗用車だけでなくトラックや重機にも対応いたします。

 ※1運転席の前などの場合、試験官によっては車検不適合となる可能性があります。
  ※2自動ブレーキシステムの動作を保証するものではありません。

 


施工の目安(最終的な判断は現地にて行います)

大きさ:コインで隠れる程度まで

場 所:ガラスの淵から10センチ以上(機材の関係上ガラスの淵は施工不可)

    運転席の目の前の場合、修理痕が気になる場合があります。

    エアコン吹き出し口付近の場合、温度差により修理後再びヒビができる可能性があります。

 

 

 

ガラスリペアのメリット・デメリット

メリット

●修復後は視界や強度ともに大幅に向上いたします。      

●ガラス交換よりも安価で修繕でき車検にも対応します。

●短時間(1~2時間程度)での修繕が可能です。

デメリット

●伸びてしまったヒビは修理不可

●多少修理痕が残るので場合によっては気になることがある。

●まれに施工場所から再びヒビが発生する可能性がある。(その際の保証は致しかねます)


お客様へのお願い

当日まで

●ヒビ内部に異物が入らないようテープでふさいでください。

●圧力の変化に弱いのでドアを勢いよく閉めないようにしてください。

●極力悪路は避け、急ブレーキや急ハンドルなどは、走行速度を落として静かな運転を行ってください。

●温度変化に弱いので、エアコンの風をフロントガラスに当てないようにしましょう。

●リペアするまでは、撥水剤の使用は避けてください。

当日

●屋外でも施工可能ですが、できるだけ屋根のある場所(または日光の当たりにくい所)をご用意ください。

●施工個所は濡らさないでおいてください。

●気温が低い場合は車内を温めておいてください。(その際はデフロスターは使わないでください。)


 

ウィンドリペアの価格 新料金!

ウィンドウリペアの価格 10,000円(税込)

 

 

出張エリア

札幌市・石狩市・小樽市・江別市・岩見沢市・当別町・新篠津村

上記以外でも随時対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。